backWPupからの復元作業について

サーバーをいくつか試す過程で、バックアップを取る・バックアップから復旧するの
作業過程を確認してみた内容の覚え書き。

まず元のサイトでbackWPupを使用してバックアップをとっておく。

 

バックアップしたファイルには「.sql」拡張子のファイルが同梱されているので、
ファイル内に記述されているドメインを新しいドメインに全変換しておく。

おなじく「wp-config.php」内の設定も新しいサーバーのものに変更しておく。

 

次に移転先のサーバーでデータベースを作成。
mySQLから作成したデータベースを選択、先ほどの「.sql」ファイルを読み込む。
「wp-option」のテーブルを確認し、サイトURLとサイト名がおかしくないかを確認する。

 

FTPクライアントからバックアップしたWordPressファイルをアップロードして
ページを表示してみる。
管理ページにもログインして正常なようなら復元作業は終わり。

 

今回作業しておかしくなった点

パーマリンク設定の不備

まずサイト・トップページは表示されたが、各記事や固定ページに入ろうとすると
「404 NOTFOUND(テンプレートではないもの)」が表示された。

何度かデータベースを確認してみたけど、あまり詳しいわけではないので原因が特定できず、
いくつか復旧作業後に表示がされなくなるという記事を検索で見つけて、その中の「パーマリンクを
再設定し直す」というのを試してみたところ、正しく表示されるようになった。

プラグインに関して・backWPup のアカウント設定し直し

凡ミスの一つとして以前のサイトで取っていたバックアップにプラグインフォルダを含めておらず、
別のバックアップ(最新ではない)を持ってくる羽目になった。導入プラグインのリストは含めていたので
足りない部分は補ったが容量が膨らみすぎてない限りはバックアップに含めるよう設定しなおした。

その後、再度バックアップを取ってみたところ管理画面ではないエラーページで
アクセス権がない旨のエラーが表示された。

ただし前画面に戻らない限りその画面のままでバックアップはとっているようで、
指定されている Dropbox フォルダにバックアップが正しく保存されたのを確認した。

そのままというわけには気分的にももちろん良くなかったので、
設定を確認したところ、backWPup の設定で以前のサイトのユーザーアカウントがそのまま保存されていたので、
今回のサイトで設定し直していたアカウントに再度変更した。

再度ためしてみると正常に動作した。

今回バックアップからのリストア作業を初めてやったので、
データベースいじったりとなれない部分に不安になったが「一度空にするか…」等入れなおしを検討した部分もあったので、
なんとか解決策を見つけて復旧できたのはいい勉強になった。もう二度とやりたくない

使ってく内にまたなにかおかしなところが出ないか不安だけど、それにもなんとか対応しつつ、
今後はこのプラグインに頼るだけじゃなく元データも別で保存しようと思う。

 


参考

WordPress のバックアップ – WordPress Codex 日本語版
WordPressのバックアップ全般について

Moving WordPress – WordPress Codex 日本語版
新しいサーバーへの引越し(復旧作業)について

 337 Views