Facebookページの作成&サイトにOGPを設定しました

sidaconfig.comのFacebookページを作成しました。

sidaconfig.com – Facebookページ
「いいね!」などしてもらえると喜びます。

一応、今回はその辺りで設定したことの覚え書きです。

やったこと

・Facebookページを作成した
・WordPressプラグイン、「All in One SEO > Social Meta」でサイトにOGPを設定した
・Twitter Cardを設定した
・Gravatarで画像を設定した

Facebookページの作成

まず、Facebook右上のボタンから「ページを作成」を選択します。

ページを作成

次に「ブランドまたは製品」のカテゴリから「ウェブサイト」を選びます。

ブランドまたは製品のカテゴリ

「アーティスト、バンドまたは著名人」のところに「ブロガー」とありましたが、たぶん違うと思いやめておきました。

WordPressプラグイン、「All in One SEO > Social Meta」でサイトにOGPを設定

次に、WordPressプラグイン「All in One SEO > Social Meta」でサイトにOGPを設定を設定します。

Feature Managerを選択

プラグインを有効にしたら左側のツールメニューから「All in One SEO > Feature Manager」を選択、その中で「Social Meta」を有効化します。

Social Metaの有効化

設定については以下を参考にしました。

All in One SEOプラグインでOGP作成 WordPressの記事をFacebookで紹介するときに便利 | For My Own Life

Social MetaでOGPを設定して画像と詳細を最適化してみる。

Twitter Cardの設定

Twitter Cardについては、上記のSocial Metaをひととおり設定すれば、Twitterが公式に抵抗しているCard validatorにURLを入力することで表示を確認できます。

自分はSocial Metaを以下のように設定。

Social Meta 設定

Gravatarで画像を設定

最後にアイコンの表示をWordPressその他でまるごと変えたかったので、Gravatarで設定しました。

Gravatar – グローバルに認識されるアバター (Globally Recognized Avatars)

現状、アイコンや背景が雑に設定されていますが、その辺りはおいおいやっていくつもりです。(先に練っておくべき部分かとは思いますが…なかなかサイトに紐付けたい印象が浮かばない)

ざっくりですが以上です。


参考

発起元:
SEO嫌いにお送りするSEO対策。これでもうSEOについてしばらく考えなくて良いぜ!! – Qiita

 

個人ブログ用のFacebookページを作る方法メモ

All in One SEOプラグインでOGP作成 WordPressの記事をFacebookで紹介するときに便利 | For My Own Life

Social MetaでOGPを設定して画像と詳細を最適化してみる。

【エンゲージメント率150%UPも!?】注目機能Twitter Cards!内容詳細と導入方法まとめ- SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

「Facebook」で自分だけのURLを設定する方法 | nanapi [ナナピ]

 

Card validator
https://cards-dev.twitter.com/validator

Facebook Debugger
https://developers.facebook.com/tools/debug/

Facebook ユーザネーム(ユニークURL)設定
https://www.facebook.com/username

Gravatar 画像設定
Gravatar – グローバルに認識されるアバター (Globally Recognized Avatars)

 539 Views