ABOUT

サイトについて

このサイトはイラストレーター・シダの、イラストを含めた日記・雑記・覚え書きなどを投稿する個人ブログです。

お問い合わせ

サイト・投稿記事に関するお問い合わせについては、お問い合わせページからご連絡ください。
表示の不具合についてもご連絡いただければ助かります。

Licenses

CC BY 2.0 としていますが、当サイト内の画像、記述の無断転載・使用は禁止とします。
営利目的での転載、画像の使用は認めません。
改変禁止、あなたがサイトの文章、画像のリミックス、改変、あるいはそれらベースに新しい作品を作ることの禁止。
詳しくは下記リンクより参照してください。

Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.

CC BY 2.0

ウィッシュリスト


このサイトのテーマ更新方法

サイトテーマ更新方法の覚え書きです。自分用。
‘18.04.25 – 記述開始

使ってるアプリケーション

方法

Sourcetree を開く。
差分管理用だが、ここからテーマフォルダとターミナル含め必要なものすべて開ける。

Atom を開く、このエディターでソースファイルの修正・追加作業などを行う。

ついでに iTerm2 を開く。これは Sourcetree の右上、ターミナルボタンをクリックすることでも開くことができる。

テーマのCSS「_core.scss」を修正する場合、ターミナル(iTerm2)に [ compass w ] と入力してエンターする。
これで自動監視がはじまり、_core.scss を修正し保存したタイミングでテーマメイン階層の style.css が自動更新される。

git のブランチは主に master, develop, feature の3つ。
自己サイトでそこまで緊急で直すこともないので hotfix は今のところはない。

用途としては、

  • master 「現在本番サーバに鎮座している状態のもの」 であること。
  • develop 「開発中のコミットが行われる主軸、小さいbug fixや、簡単なfeatureは、developブランチで直接コミットされる」。
  • feature 「中〜大規模な機能追加・改修などを行う作業ブランチ」。

すべて下記サイトからの受け売りで運用しています。

ブランチ命名規則についての参考サイト:
ぼくが実際に運用していたGitブランチモデルについて ::ハブろぐ

以上を用いて運用し、修正・コミットができたタイミングで Transmit を使いサーバーにアップします。
vagrant を使ったローカルテストサーバーは用途用途で使ったり使わなかったりしてください。

powered by wordpress.

 9600 Views