【Jetpack】モジュール「レイジーイメージ」使用による不具合の解消

WordCamp Ogijima 2018 に参加して帰ってきました。
帰宅してすぐレポートまとめたいとこでしたがその前にひとつ解決した案件を投げときます。

問題

WardCamp参加中、名刺などを交換させてもらって喜んでたんですが、参加前日までいじってた自分のサイトをもしかして見てもらえるかも。なんて思いながら自分で確認してみると、なんということかポートフォリオページのレイアウトが崩れていました。

もうガッタガタ

この現象は以前にもあって、わかってたのは Jetpack プラグインを有効にした状態でURLを「〜/portfolio」にしていると、たとえ設定の「ポートフォリオ」がオフになっていてもなぜか投稿の表示・レイアウト等が変更されてしまう。というものでした。(なので 〜/portfolio2 などにして回避してました。今回なぜかそれもできなかった)

Jetpack の「設定」にあるポートフォリオ機能

そんなこんなでもう Jetpack 自体を使わずにいたんですが、今回ログインへのセキュリティもっとしっかりしておきたい、と思って Jetpack と WordPress.com との連携による二段階認証を有効化したことにより、レイアウトの崩れの件を忘れてしまい起こったものでした。

解決まで

結論から言うと、 Jetpack 設定内の「デバッグ」というリンクの先にあるモジュール一覧から「レイジーイメージ」という「画像の遅延読み込み」をする機能を外したことで、レイアウトの崩れや、妙な動作・挙動は解消されました。

詳細

「設定」メニューの一番下にある「デバッグ」へのリンク

上記画像の「デバッグ」のリンクから飛んだ先に

モジュール一覧へのリンク

というモジュール一覧へのリンクがあるのでそこで確認。

見つけた画像に関するモジュールをかたっぱしから一つずつ切っていって確認した

おわり

こういう「なんでかよくわからんけど、とりあえず解決」ってよくない気がするんですが、そもそもなぜ起きたかが個人のスキル的に断定できないんで今回は良しとしようかと。

WordCamp 参加後の一発目は以上になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。